エキスパンドメタルの階段

180820_1.jpg
先月のこと、計画中の住宅の階段で使うエキスパンドメタルの実物を見せて頂くため、金網屋さんのショールームに行ってきました。
エキスパンドメタルとは、一枚の鉄板に切れ目を入れて広げたもので、軽くて強度のあるとても合理的な材料です。立体駐車場の床などにも使われています。
手摺では使ったことがありましたが、階段で使うのは初めて。鉄板を切っただけあり、やはりなかなかの鋭さです。

180820_3.jpg
編目の大きさも、板の厚みも様々。

180820_2.jpg
お施主さんも実際に踏んでみたりして。。(危ない!!笑)そのまま使いたいところでしたが、迷いに迷ってやはりフラットに加工することに落ち着きました。

180820_4.jpg
他にもただの薄いステンレスの板に見えたものが、実は目に見えないほど細かい孔があいている板だったり、日本のすばらしい技術力を見れて大変楽しい体験をさせて頂きました。何かに使いたいなと思いを巡らせるもので溢れていました。


momma

houseSY(住吉の住宅)

180713_2.jpg

180713_11.jpg

180713_3.jpg

180713_16.jpg

180713_6.jpg

180713_12.jpg

180713_13.jpg

180713_14.jpg

180713_7.jpg

180713_4.jpg

180713_1.jpg

住吉で計画中のhouseSY。少し痛んできた古い模型を撮影しました。
計画するのに色々な模型を作るのですが、これは雰囲気まで分かるように作った初期のプレゼン模型になります。

壁柱と、分断された床で構成された住宅です。よくみると、トイレや浴槽がむき出しですが、非日常感を楽しみたいというクライアントさんには、喜んで受け入れて頂けました(実際は使用時にカーテン等で仕切ります!)。旧型なので今の案と少し違いますが、それはお楽しみということで。

今は見積り待ちの状況ですが、楽しい家になりそうです。

furu

上棟

180618_3.jpg
昨日の大阪北部の地震はみなさまご無事でしたでしょうか。今日から電車も動き出し、周辺地域は通常生活に戻りつつありますが、まだしばらく余震が心配ですね。
その高槻では、週末にhouseTKの建て方があり、直後の地震となりました。幸いにも現場に大きな被害はありませんでしたが、こんなタイミングとは、本当に現場でもひとつひとつの安全な施工と整頓が必要だなと感じました。

さて梅雨の晴れ間、快晴の中、長い間図面で見ていた建築がとうとう現れました。内部の列柱もなかなか良さそうです。
1階と2階の天井高が大きく違うことが体感できました。これからじっくり確認して、細部をつめていこうと考えています。

momma

ブログ

 
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
SEARCH
月別アーカイブ