瀬戸内国際芸術祭2010 - 1日目

瀬戸内芸術祭に行ってきました!
2日間の強行スケジュール。
高松→女木島→男木島→豊島→小豆島→高松の旅。
まずはフェリーで女木島(めぎじま)へ。鬼ヶ島伝説の島です。
久々のフェリー!ワクワク感倍増です。
R0011731.jpg


到着すると、まず目に入ってくるのはこれ。かすかに音楽が聞こえます。
R0011739.jpg

女木島はほとんどが山で、港の周辺に全長500m程度の町があるぐらいで歩いて回れます。
R0011750.jpg
女木島で一番よかったのは、レアンドロ・エルリッヒの作品。民家を改装したもので、不思議な体験ができます。


次に、一日目メインの男木島(おぎじま)へ。
男木島は噂どおり、すごい魅力的な路地の町。坂の町。階段の町。
山に張り付くように民家が建っています。
ジャウメ・プレンサのインフォメーションセンターに迎えられ。
R0011755.jpg

仮設のロッカーも絵になります。
R0011760.jpg

道は細く、車は通っていません。とても静か。でもうだる暑さ。
R0011773.jpg

路地を活かした作品が多く、路地を進むと急に作品が現れます。
R0011783.jpg

谷口智子さんの作品。島じゅうをパイプが張りめぐらされています。
R0011787.jpg

こっちで「おーい」 あっちで「おーい」
R0011823.jpg

谷山恭子さんの作品「雨の路地」。
ある時間にめぐり会えると、ぶら下げられたバケツから雨が降ってきます。
暑さで倒れそうな私たちに、本当に恵みの雨。
R0011836.jpg
作品はその他もたくさんありました。男木島には良いものが多かったです。

斜面地なので、歩いていると、下の家の屋根のレベルに道があったり。
R0011800.jpg

暑さでへばる猫。猫は3匹います。3匹めはどこにいるでしょう?
R0011808.jpg

夜は島にふたつしかない民宿で、おいしい魚料理を頂きました。
お刺身、煮魚、焼き魚、天ぷら、煮もの、酢の物、お肉・・・まだまだ。
タコが捕れるので、たこ料理も。タコの天ぷらを初めて食べました。ホントにおいしい!
軽く2人前。完食。

部屋の窓から見えた夕陽。
R0011849.jpg


スポンサーサイト



ブログ

 
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
SEARCH
月別アーカイブ