houseAS オープンハウス

171018_3.jpg

171018.jpg
この度、私たちが設計監理しておりました住宅が完成致します。
小高い丘を開発して作られた住宅地の中に建つ、一部2階建ての変形したコートハウスです。
床の高低差を伴いながら緩やかに繋がるひと続きの空間を、3つのリング状の壁で統合した建物です。
御施主様の御厚意によりオープンハウスを行う機会を頂きましたので、皆様にご覧頂き、ご意見を賜りたくご案内申し上げます。

日時:2017年10月28日(土),29日(日)11:00-17:00
場所:兵庫県明石市
最寄り駅:JR大久保駅よりバス10分
概要:木造2階建、延床面積104㎡

設計:モカアーキテクツ
構造設計:株式会社tmsd 萬田隆構造設計事務所
施工:岸建工株式会社

注記:建物は引渡し前ですので十分にご配慮頂きますようお願い致します。
駐車場は近くのコインパーキングをご利用願います。

個人住宅ですので予約制とし、ご覧頂ける予定の方のみに詳細な地図をお送り致します。
お名前とPDF受取可能なメールアドレスをご記入の上、info@mocaarchitects.comまでお送り下さい。

明石の住宅 オープンハウス予定

171002.jpg
明石の住宅は間もなく完了検査というところまできました。

houseAAとはまた異なるアプローチでの街への開き方です。
外構が整うと雰囲気がまた変わると思います。

またきちんと告知しますが、オープンハウスは10月28、29日で予定しております。
*ご連絡頂きましたら案内図をお送り致します。
お手数ですが、お名前と人数、PDF受取可能なメールアドレスをご記入の上、info@mocaarchitects.comまでお送り下さい。

furu

明石の住宅 現場進捗

170726_7.jpg
さて、明石の住宅もここへ来てペースが上がって来ています。
この計画は、ざっくりいうと3つのリングと床の起伏で出来ていて、微妙に開いた中庭と裏庭があります。
中庭から裏庭へ繋がる、H1200のリングは周りのレベルとの関係で意味をすこしずつ変えていきます。大外のリングは周囲との距離をコントロールする役割です。アプローチでは下をくぐって中庭へ入ります。

170726_6.jpg
塗装がはいるともう少し構成がはっきりすると思います。

170726_4.jpg
引戸のレールの確認をするも、色の相性が微妙なのでSUS製に変更。

170726_5.jpg
各ゾーンはレベルを変えながら緩やかに繋がっていきます。主室から趣味室。左は中庭。

170726_2.jpg
寝室から趣味室。

170726_3.jpg
寝室から2階下の機能部。上の奥は2階の子供部屋。

170726_1.jpg
階段も出来てきました。階段下は裏庭に向かっての洗面です。外に跳ね出したリングが見えます。これは裏の高い所にある道路からの視線を切ってくれます。

170726_8.jpg
この日は、クライアントとドアノブの現物サンプルを確認して決定。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、なかなか楽しい住宅になりそうです!


furu

明石の住宅 外壁など

170612_1.jpg
先日の現場の状況です。屋根のシート防水は完了し、部分的にですが外壁が仕上がってきました。

起伏のある床の木部仕上げに対し、白壁部分は素材感のやや希薄な感じを狙って今回はフラットスパンドレルを採用しています。うっすら見え隠れする目地の感じも想定通り。

170612_2.jpg
溶融亜鉛メッキ仕上げの玄関庇も搬入されていました。懸念された端部の歪みもなく、一安心です。


furu

明石の現場

170404-1.jpg
新学期ですね。明石の住宅は中間検査でした。ブルーシートで囲われた中庭から見上げた空と足場がかっこよかったです。


momma

ブログ

 
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
  
最新記事
SEARCH