明石の住宅 現場進捗

170726_7.jpg
さて、明石の住宅もここへ来てペースが上がって来ています。
この計画は、ざっくりいうと3つのリングと床の起伏で出来ていて、微妙に開いた中庭と裏庭があります。
中庭から裏庭へ繋がる、H1200のリングは周りのレベルとの関係で意味をすこしずつ変えていきます。大外のリングは周囲との距離をコントロールする役割です。アプローチでは下をくぐって中庭へ入ります。

170726_6.jpg
塗装がはいるともう少し構成がはっきりすると思います。

170726_4.jpg
引戸のレールの確認をするも、色の相性が微妙なのでSUS製に変更。

170726_5.jpg
各ゾーンはレベルを変えながら緩やかに繋がっていきます。主室から趣味室。左は中庭。

170726_2.jpg
寝室から趣味室。

170726_3.jpg
寝室から2階下の機能部。上の奥は2階の子供部屋。

170726_1.jpg
階段も出来てきました。階段下は裏庭に向かっての洗面です。外に跳ね出したリングが見えます。これは裏の高い所にある道路からの視線を切ってくれます。

170726_8.jpg
この日は、クライアントとドアノブの現物サンプルを確認して決定。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、なかなか楽しい住宅になりそうです!


furu

明石の住宅 外壁など

170612_1.jpg
先日の現場の状況です。屋根のシート防水は完了し、部分的にですが外壁が仕上がってきました。

起伏のある床の木部仕上げに対し、白壁部分は素材感のやや希薄な感じを狙って今回はフラットスパンドレルを採用しています。うっすら見え隠れする目地の感じも想定通り。

170612_2.jpg
溶融亜鉛メッキ仕上げの玄関庇も搬入されていました。懸念された端部の歪みもなく、一安心です。


furu

明石の現場

170404-1.jpg
新学期ですね。明石の住宅は中間検査でした。ブルーシートで囲われた中庭から見上げた空と足場がかっこよかったです。


momma

オープンと上棟のおめでたい一日

170319_1.jpg
ベーカリーカフェのcookhouse泉大津店、3月16日無事にオープン致しました!
クライアントの皆様、設計協力事務所の皆様、工事関係者の皆様には多大なご尽力を賜り心より御礼申し上げます。
店舗の内装のお仕事としては、これまでで一番広い区画で、インテリアでありながら建築的にアプローチできたおもしろいプロジェクトでした。工期に余裕があったこともあり、丁寧に対応をして下さった工務店さまには本当に感謝です。
オープンより前に撮った写真で少しご紹介します。
内部は腰壁と吊り屋根のブースがそれぞれ機能を持って点在し、その間を縫うように細い通路が巡っています。

170319_2.jpg
レジカウンター

170319_3.jpg
客席。奥のブースにはキッズコーナーがあり子連れ向きの客席。
テーブルとソファは製作、椅子はジャスパー・モリソン。

170319_4.jpg
こちらは外向きにゆったり座るソファのブース。外にはテラステーブル。

170319_5.jpg
外から見たパン売場。照明計画はNEW LIGHT POTTERYさん。

170319_6.jpg
スチール部分はすべてスチールのミガキ生地にクリア焼付塗装。溶接後が残ります。

170319_7.jpg
オープン日の様子。中央に配置されたオープンキッチンでは焼きたてパンやサンドイッチを注文できます。
南海泉大津駅の高架下開発でできた店舗の中の一店です。是非行ってみて下さい!


さてさて同じ日、明石の住宅の上棟でした。
170319_8.jpg

170319_9.jpg
空間ができてくるとわくわくします。裏の崖地が良い感じに見えます!

と行ったかのようにブログを書いた私門間ですが、2017年で一番おめでたい日だったであろうこの日を、高熱から始まった風邪で寝込み...送られてくる写真を羨ましく見るだけという情けない一日を過ごしました。ちなみに先週一週間寝込み事務所的に大惨事です(泣)


momma



明石の住宅 配筋検査

170301.jpg
明石の現場で配筋検査でした。場所によって立ち上がりの高さがバラバラの計画なので思ったより時間がかかりました。写真は裏手の斜面から。先行して造った高基礎の部分が道路側に少し見えています。

furu

ブログ

 
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
  
最新記事
SEARCH